エンパワーメントで、なぜ「ぶれない軸」を手に入れられるのか?


ある会社の30名のスタッフがいる
部署は、全員が朝から不機嫌で出社しても挨拶もしない

上司が面談をすれば同僚の文句ばかりを言う
仕事についてもまったく意欲がない部署でした。

それがたった3ヶ月で朝から全員が元気に挨拶
朝礼では笑いがおこり、面談では、仲間への感謝を伝え、
仕事については「こういう勉強がしたい」と上司に相談をする部署へ

そんなふうに変わることってあり得ると思いますか?

そんなミラクルが起きたんです!!

それは、エンパワーメントプログラムを受講した野村裕美さんが
マネジメントしている部署で起きました。

なぜ、そんなことが起きたのか?

それは野村さんがエンパワーメントにより「ぶれない軸」を手に入れた結果です。

そんな素晴らしい成果を創った野村さんのインタビューはこちら
 ↓↓↓

軸がブレるって、「心が今ここになくなること」とも、言えます。

周りの言葉や出来事に感情的に反応し
自分や状況を客観的にみることができず
イライラや不安に巻き込まれて
冷静に起きていることを分析したり
自分の才能を発揮することも
自分の魅力を伝えることもできない。

上司がそんな状態ならそのイライラや、不安が部下に伝染して
部下が不安になったり文句をいったり好き勝手やったりするのは当たり前です。

エンパワーメントを身につけると自分と向き合う勇気がもてます。
自分を客観的に見れる
ようになると感情に流されなくなります。

そして「心が今ここにある」状態で部下と接することができる。

これが周りからは「ぶれない軸」がある人に見えるんです。

ぶれない軸の在る人がいると場は落ち着き、安全な場所になります。

野村裕美さん、
部下が目に見えて変わったことで会社の業績もあがり
本来のタイミングではないのに昇進をされたそうです。

さて、問題です。

軸がぶれぶれのまま努力をしたり、勉強をしたり、チャレンジするのと
しっかりと軸を定めた自分で努力をしたり、勉強したり、チャレンジするのでは
どちらのほうが効果的だと思いますか?

後者ではないですか?

でも、ぶれぶれのまま、結果を出せば自信ができて
きっと状況はかわるという幻想をいだきぶれぶれで頑張っている人って
すごく多いように見えます。

で、もちろんぶれぶれだから
頑張っても思うように結果がでず、それでまた自信を失っていく…

そんなマイナススパイラルで苦しんでいる人がたくさんいるのが残念です。

もし、ぶれぶれのまま頑張っている人がいたら
ぜひ「エンパワーメントやるといいみたいだよ」って教えてあげてください。

きっと、感謝されますから(^^)

だって、ぶれぶれのまま努力するのは時間の無駄です。

時間の無駄は人生の無駄であり
人生の無駄は命の無駄です。

そう思いませんか?

忘れないでください。

ご自分を大切にできるのは自分だけです!

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

ひぐちまりの無料メールセミナー 

『エンパワメントライフ入門講座』

プラスエネルギーにいるヒントがわかる!
読むだけで元気がでると話題に♪

関連記事

  1. エンパワメントライフ入門講座をブラッシュアップ中

  2. 春日大社 権宮司岡本先生の講和 「幸福への道」 - 誇り・自信を育てる…

  3. 『無理』だと思ってるのに、『できる、できる』と自分に嘘をつくと余計苦し…

  4. ~『期待』を力に出来る人、出来ない人の違いはこれっ!~

  5. あなたは縛るのは「マイナス」より「マイナスを恐れる」心かも

  6. 愛している人に、「愛しているよ」と伝えてますか?

  7. 怒りをぶちまけて損するのは自分。だから切り替えスイッチをもとう!

  8. いいですよ。受けて立ちましょう!!

最近の記事 おすすめ記事