「いつでも帰ってきていいからね」この言葉があったら、頑張れた!

8月5日のひぐちまり還暦お誕生会と健治とまりの真珠婚式には
92歳の母が姪っ子二人と一緒に大阪から参加をしてくれました。

このパーティを開きたかった理由のひとつは、実は、母に
私が今どんなに素晴らしい人達に囲まれているのか
どんなに幸せなのかを見てほしかったからです。

母には、反発ばかりしていた私です。
だから、母に大丈夫だからって、伝えたかった

幼いころ家族の中に居場所がみつけられなかった私は、
高校を卒業して大阪の家を出て、東京で暮らし、専門学校に通いました。

大阪を出るときに「ここにもう私の帰る場所はない」と思っていました。
家族になじめず、母や父を「あの人」と呼んでいました。

外資系の銀行に就職が決まった時は、銀行員だった父はとてもうれしかったようです。
わたしはそんな父を「今更なによ」という冷めた気持ちでみていました。

その後、結婚し、起業した私を両親は随分心配していたと思います。
両親にほとんど仕事の話をしたことはなかったです。

それでも、きっと、私が苦しかった時、母は察していたのだと思います。

東京の実家を母が訪ねる際に、同行した私に私の状況を知ってか知らずか
母は「困ったらいつでも大阪に帰って来るのよ。」と言ってくれていました。

ぎりぎりの状況だった私は、そんな母の言葉さえ鬱陶しく感じていました。
でも、今思えば、母がそう言ってくれたから意地をはって頑張れた気がします。

今思えば「最後は大阪に帰れる
それが私の命綱だったような気がします。
だから頑張れた気がします。

あの、ぎりぎりの状況でも踏みこたえられたのは、
「たとえどんな状況でも受け入れてくれる人がいる
そんな、母の無償の愛のおかげだと今になって思います。

母は、私の尊敬する女性です。

還暦になってね、やっと、心からそう言えるようになりました。
私も母のように、だれかの支えになれる人でありたいと思っています。
精進します。

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

ひぐちまりの無料メールセミナー 

『エンパワメントライフ入門講座』
プラスエネルギーにいるヒントがわかる!
読むだけで元気がでると話題に♪

登録いただくと、イベントのご案内など、先行して送られます。

関連記事

  1. モナコ旅行記 その3 アルベール大公も臨席されるパーティへ

  2. モナコ旅行記 その5 人生が変わった!、マダムレジーナとの出会い

  3. ~人見知りでも大丈夫! パーティで出逢いを楽しむ会話のきっかけ作り5つ…

  4. 自分の人生に好きを増やす!

  5. 大切なのは、「落ち込むか、落ち込まないか」でなく…」

  6. 「選ばられる人」となって、ダントツの成果をだすことに興味ありますか?

  7. なんでそんなにピリピリしてるのかなぁ

  8. 思わず言っちゃった!「ぼ〜っと生きてんじゃねえよ!!!」

最近の記事 おすすめ記事