〜哲学の小径:なぜ、過去を扱うことに意味がないのか〜

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

エンパワメントライフプログラムの特徴の一つは
「過去を扱わないこと」です。

すでに多くの他のセミナーに参加した方達は、
「過去を扱わないこと」にとっても驚きます。

みなさん、散々、今まで過去を扱ってきたので(^^)

「えっ、過去を扱わないで、どうやって人生が変わるんですか?」
と、キョトンとされます。

ではなぜ、他のプログラムやセミナーは過去を扱い、
エンパワメントライフプログラムでは過去を扱わないのか?

一言で言うと「世界の捉え方」が違うからです。

現代哲学を学ぶと、良く理解出来るのですが、
人は、必ず過去に生きています。

これは「心のあり方」がどうこう、というお話ではなく、
原理として、そうなっているということです。

そして、過去に起きたことによって
今が決まっていると考えます。

そういう世界の捉え方だったら
うまくいかない事があったとき
その原因を過去に探そうとして過去を掘り返すのは、
ある意味当然です。

そして、無限の可能性を秘めた未来は
どんどんと、過去に色付けられ、
過去に限界づけられていってしまいます。

人がどんな思考をし、行動するかは
実は自分で決められるものではなく
自分の世界の捉え方によって決まっているのです。

そして、最新の現代哲学でもある構造主義的視点が身につくと
違う世界の捉え方が可能になります。

例えば、フランスの哲学者ルイ・アルチュセール
構造主義的視点から
「進化の本質は連続的ではなく、断続的なものであり、
 物事に『一貫性』などない」と話しています。

現代哲学をバックボーンにする
エンパワメントプログラムが取り組んでいるのは
世界の捉え方をシフトすることで     
「過去に生きる思考」を断ち切り、
非連続の未来を創造する力をつけることです。

だから、過去をほじくる必要がないんです。

過ぎ去った過去に、エネルギーを浪費するのでなく
生み出したいものにエネルギーを使うことの方が
よっぽど健全で、効率がいいと私は思うのですが
あなたは、いかがですか?

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 〜「私が誰かを幸せにできるなんて!」〜

  2. 〜「この人とまた仕事したい」と思わせる人〜

  3. 〜「いえ、結構です」って本当は言いたい。でも言わない〜

  4. 〜「自分がしてもらって嬉しいことを相手にしてはいけない」〜

  5. 〜5歳の子供に叱咤激励されました!!〜

  6. 〜動画付き:日本が世界の為に役立つ時代へ〜

  7. 〜「自分で自分の可能性を奪う」人がやっていること〜

  8. 〜動画:あなたの才能を最大化させるコミュニティの見極め方〜

最近の記事 おすすめ記事