〜5歳の子供に叱咤激励されました!!〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

———————-
8月6日(土)10時~

活かせない才能は、宝の持ち腐れです。

「才能を活かせるようになるには?」
をテーマにライブ配信します。

自分の才能を活かすことに
何か質問があれば、
ライブ配信で取り上げますので、
ぜひ、下記より質問をお寄せください。

▼質問はこちら
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSe659CA699w2JVzlRbFNMPNBqX61qMSNES3GtO7bVO4bVYzWQ/viewform
——————–

あなたは
人生に起きる問題を
ひとつずつ、ひとつずつ解決するのと
根こそぎ一気に解決するのと
どっちがいいですか?

「やり方」に取り組めば、
問題はひとつずつ解決します。

でも、
「あり方」に取り組めば、
問題は根こそぎ解決します

特になにかをするわけではないのに。

昨日、エンパワメントライフプログラムに
参加した成果を、陽子さんがお話しくださいました。

製薬会社の広報の仕事をされている陽子さん。

5歳と3歳のお子さんがいらっしゃいます。

プログラムに参加するまで、
子供たちは
朝起こしても起きず、
在宅で仕事中は、家でまとわりつき、
寝かせようとしても、ぐずぐずし、
でも、子供はそんなもんだ、と思っていたそうです。

それが、プログラムを受けた後、
朝は一度起こしたら、ちゃんと起きてくるようになり、
陽子さんが家で仕事をしている時は、
5歳の子が、3歳の子を
「ママはお仕事だから、一緒にあっちで遊ぼう」と
邪魔しなくなった。

そしたら先日、
陽子さんが子供の添い寝をしようとしたら
5歳の子に
「ママは、お仕事やお勉強を頑張って
 大きなトロフィーもらうんでしょ!?
 だったら、寝ないで、隣の部屋でお仕事して。
 二人で寝るから大丈夫」
と叱咤激励されて、びっくりした
そうです。

私から子供たちに
トロフィーの話なんかしたことないのに、と
笑ってお話くださいました。

5歳の子供が
ママを叱咤激励するって、
すごくないですか?

でも、陽子さんのミラクルは
これだけではありませんでした。

知人にランチに誘われて、
別に転職活動をしていたわけではないけど、
その流れで、知人の会社の社長に会い、
社長直属で大幅に待遇UPの
仕事のオファーがあった

同時にお勤めされている会社からも
これまでにない高評価をもらい
嬉しい悲鳴、と話されていました。

まさに、想像を超えたことが
 起きています

 別に私は何も変えていないのに。
 一体どうしたんでしょう?」と
陽子さん。

我々のプログラムの中では、
子供への接し方も、
転職の進め方も
教えてはいません。

具体的な「やり方」は伝えてはいません。

やっていることは
現代哲学をベースに
「世界の捉え方」のシフトを通して
あり方に取り組むこと。

「世界の捉え方」がシフトすると、
自分は何も変えたつもりがなくても
人生が変容
します。

まずは、家族や同僚、上司といった
身近な関係が変わり始めます

かといって、
プログラムに参加する人たちの多くは
パートナーや家族との関係や
職場の人との関係が
特別悪い人たちではないです。

まあ、こんなものだと
みんな思っています。

ある意味、諦めているとも言えます。

そして、家族の関係が変わる人は
確実に仕事で
驚くような結果を出しています

だって、家庭が
エンパワメントの場になったら、
外で発揮できるエネルギーは、格段に
アップしますからね。

それにしても、
5歳の子供が、ママの夢を応援し、叱咤激励するなんて
私も驚きました。

そして、子供が応援したくなるママがいるのって、
子供にとって、どれだけ幸せだろうと
嬉しくなります。

そんな子供は、きっと
親が
「夢を持ちなさい」
「チャレンジしなさい」
なんて言わなくても、
自然とそうなるでしょうね。

身近な人との関係が人生に与える影響は、
良くも悪くも絶大です。

身近な人との関係を
良くするひとつのコツは、
「相手次第」でなく
「自分次第」にすること
です。

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 巣立つ学生達に伝えた「チャンスを引き寄せる為の3つのこと」

  2. 〜難題が来るたびに嬉しい!!って、私どうしちゃったんだろう?〜

  3. 〜言葉の力を磨くには?〜

  4. 〜動画 : 「自分らしさ」が足かせになる人達の特徴とは?〜

  5. 〜手に入れたのは「変化することを恐れない私」でした!〜

  6. 〜93歳の母からのLINEにびっくり仰天!!〜

  7. 〜「知らない」を強みに変える方法〜

  8. 〜人に伝わらない話し方の共通点〜

最近の記事 おすすめ記事