〜「うまく行き出すと怖くなる」ことないですか?〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

思いのほか物事がうまく行き出した時、
怖くなったことってないですか?

本当は望んでいた状態なのに、
いや、それ以上の状態なのに、
想像以上にうまくいって、
なんでうまくいくのか、わからなくって、
そしたら途端に不安になって
その不安定さに
耐えられなくなったことありませんか?

​夢が叶っているのに、それが怖くて、
結局アクセルを緩めて、元に戻る。

そして、ちょっと残念な気持ちはあるけど、
実はホッとしていたり。​

人間の本能は快を求め、不快を避けます。

本能にとっては、成功かどうかは関係ありません。

本能が一番嫌うのは、
コントロール不能、理由がわからない、
その不安定さ

​私は、成功している人達をインタビューする機会があります。

「うまくいっても、その理由がわからないと
 不安がつきまとい、力が発揮しきれない、
 そんな時があった」
と聞くことがあります。​

先日エンパワメントライフプログラムに参加された
整体院を運営しているひろこさんも、
こんな話をされました。

​「エンパワメントライフプログラムを受けて、
 お客様のリピートが圧倒的に
 増えたんです。

 何も変えてないのに。

 特に頑張っていないのに。

​ 自分をプラスエネルギーにすることを心がけて
 お話を聞く。

 それだけなんです。

 あんなに苦労してもうまくいかなかった
 リピートが、何も変えてないのに
 どんどん起きる。

​ 変化が嬉しい反面、なんだか不安で。

 でも、プログラムに参加して、
 自分の解像度が上がったことで、
 『あれ、今不安にいる』って
 キャッチできた
んです。

​ ああ、まりさんの言っていた
 変わろうとする自分に
 自分でブレーキかけるって、これか


 慣れたところに戻ろうとしているんだ。

 それに気づいたら、
 「いくよ!」って自分に声をかけ、
 エンパワメントできたんです!


 こんなに仕事にワクワクするの、
 久しぶりです!」​

おもしろいですね。

日本人は、真面目っていうかなんていうか、
努力しないのに結果を作っちゃいけない、
結果は苦労して作るものだ、って
思っているみたいに見えます。

​多くの人が突き抜けないのは
能力がないからではないんです。

努力が足りないからではないんです。​

これまでにない結果を作る自分は
これまでの枠を既に抜けている自分
です。

枠を抜けた時、感じる不安定に耐えられなくて、
慣れている場所に戻っちゃうんです。​

でもね、新しい可能は
その不安定の中にこそあります
。​

ここを抜けられるかどうかを決めるのが
自己同一化して世界を見るか、
構造的に世界を見て、自分を俯瞰できるか、です
。​

自己同一化をしていると
感情=自分ですから、
不安という自分の感情に絡め取られて
無意識にアクセルを緩め、
安心安全のぬるま湯に戻ってしまいます。​

でもね、構造的に見て、自分を俯瞰できたら
そしてセルフエンパワメントできたら
ひろこさんのように新しいステージを楽しむことができます。​

人生のステージを変えるのに
内面を見ることも、過去を見ることも
必要ありません

​自己同一化を薄め、
感情と自分の間に
隙間をつくれるかどうかです
。​

そして、セルフエンパワメントで自家発電して
自分をエネルギーで満たせるかどうかです
。​

どこかで自分にブレーキかけていませんか?

人生一度きりなんです。

もっと、行っても、よくないですか?

★「本当は、もっと行きたいんです!」
という方は、ぜひ
エンパワメントライフ
ベーシックセミナーにいらしてください。

そのために、何が必要かがわかります。

<詳細はこちら>

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. ポジティブでいようと頑張りすぎて、マイナスエネルギーを発っしてしまう……

  2. 〜幸せになるために必要な力とは?〜

  3. マイナス感情に流されそうになったら、これやってみよう!

  4. あなたをマイナスエネルギーに引きずり込む『がっかり』との付き合い方

  5. 〜イラッとせず、心に余裕が持てるようになった〜

  6. 〜大事な人に、「あなたが大事だ」と伝えてください〜

  7. 愛している人に、「愛しているよ」と伝えてますか?

  8. 〜大鼓に向き合い、エゴと向き合う〜

最近の記事 おすすめ記事