「明日、この机の上に、1億円用意できますか?」

いや~
私の周りにはホントにぶっ飛んだ人が多くて日々驚くやら、おもしろいやら。

ぶっ飛び選手権をしたら絶対メダルをとるだろうと思うのが
海外有名校への留学コンサルタントをされている大川淳子さん。

私が「一番の目利き」と尊敬する方です。

大川さんがご自身のFBにあげていらした記事が
あまりにもおもしろくてシェアします。

大川さんが受講したとあるセミナーで講師が聞いたそうです。

「明日、このテーブルの上に1億円用意できる人はいますか?」

あなたなら、どうしますか?手を上げますか?

この講師の質問に手をあげたのは、大川さんひとりだったそうです

大川さんいわく「いつも私は、手を挙げてから考える。
できない理由じゃなくて、どうしたらできるかを考えるの。」

なんかね、聞いたら、「そうだよね」と思うようなことですが
でも、どれだけの人が実際に、そうできるんでしょう?

少なくとも私は「明日、この机の上に、1億円用意できますか?
って聞かれたら、当然のように、手をあげなかっただろうなあ。
はなから、考えてみもしないほど無理だってきめつけてたろうなあ。

で、大川さんの話にはまだ続きがあります。

セミナー後の懇親会で盛り上がり、ブルゾンちえみ よろしく
「35億円」囲んでインスタあげたらおもしろくない?
ということになり、現在は、35億円集めるアイディア募集中

FBの投稿でみんなでわいわいやってるだけでも
いろいろなアイディがでてきて、おもしろいです。

でも、大川さん
目的は35億円を集めることではないんです」とおっしゃいました。

じゃあ、何でやるの?

その答えは「頭ひねってアイディアを出してみんなで協力したら、
出来ないことはないんだ!っていうのを証明したいんです!
で、やったぁあ!ってみんなと感動を共有したいんです!」

大川さんってこういう人です。

まえに話をしているときにこんなふうにおっしゃってました。

どうやったらいいか解らないことは思いつく限りの
やれそうなことを考えるの
。もちろん、人に聞くのもあり。
でね、考えつく限り書き出したら片っ端からやってみるの
残念ながら書き出した事を全部やりきることはできない
なぜなら、やりきるまえに、成功しちゃうから。」

そして、とどめの一言
これが解るとチャレンジは怖くなるの

実際にそうやってきた人の言葉には強さがあります

ああ、だから大川さんはこんなに、自由なんだ
この恐れのなさの源はこれなんだ
と納得です。

このやりとりで、ふと思いました。
「もしかしたら、考える前に、諦めちゃってる事って多いのかもしれない。
考えてみもせずに、私には関係ないってきめちゃってる
それって実は諦めているってことなのかもしれない」って。

気付くことは可能性のはじまりです。
わたしも、大川さんみたいに、まず、手を挙げる!それから、考える!ってやってみます。

あなたも一緒にやりませんか?

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

ひぐちまりの無料メールセミナー 

『エンパワメントライフ入門講座』

プラスエネルギーにいるヒントがわかる!
読むだけで元気がでると話題に♪


関連記事

  1. 私達は必ず死ぬ。だから惜しみなく感謝を伝えよう!!

  2. 「世界が終わった」と思った絶望の底から9年、還暦を迎えました!

  3. 役割は与えられるだけでなく、自ら与えることもできる!

  4. ~人見知りでも大丈夫! パーティで出逢いを楽しむ会話のきっかけ作り5つ…

  5. 32歳で突然失明。それでも「喜びの中でいきる」ことは可能なのか?

  6. 〜動画付き:「戦い方を学ぶ」のか?「戦わずして勝つ」自分になるのか?〜…

  7. しょぼい選択肢しかないと、人生はしょぼくなる!

  8. 自分を否定する強さ、持ってますか?