危機の時こそ、目を開け!!

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

先日、一般社団法人 日本適性力学協会の
宇敷珠美 代表から御依頼いただき
対談動画を収録しました。

テーマは
不安が蔓延する今、
 自分をエンパワーメントするには
 どうしたらいいのか?
」です。

宇敷さんは
世界最大のの起業家ネットワークをもち
フューチャリスト(未来学者)としても
信望のある
ロジャー・ハミルトンのコンテンツを日本で展開する
一般社団法人 日本適正力学協会の代表

それだけでなく、
様々な海外の秀逸なコンテンツ
ご紹介されています。
 
 
その宇敷さんに
まりさんの話を聴きたい!」と
言ってたいただけるのは とても光栄なことです。

さらに、対談収録後
対談を通して、
 たくさんパワーをいただきました。
 見た人は絶対に元気になる動画ですね。

と言って頂き、嬉しかったです。
 
 
 
動画アップが決まったら
またお知らせしますので、
楽しみにしていらしてくださいね。

さて、動画の対談の中でも触れた
危機の時に、
自分の力を最大化するために
必要なことをシェアします。

それは、最悪と最高、
両方を想定しておくことです。
  
 
 
そして、最悪に関しては
その時どうするか?をプランしておくことです。


つまり、できる限り、
起きうることを想定内にしておくこと。

想定内であれば、そうなった時に、
ただ、やるべきことをやるだけです。
 
 
最悪を想定しておいて
それよりもよければ、ラッキーです


つまり、最悪が想定できたら
それ以上悪いことは起きないから
いつも、なにが起きても、
ラッキーになるっていうわけ(^^)

世の中に蔓延する
ポジティブ教のように

「大丈夫、大丈夫」
と、唱えることには、

意味がないどころか
百害あって一利なしです。


でも、マイナスにいると、
不安に絡め取られ
現実に向き合うことができなくなります。

大事なことは、
ものごとを甘く見積もるのでなく、  
 
楽観的でもなく、悲観的でもなく、
起きていることを、感情的にならず、
目を見開いて、しっかりと見る
こと。

そして、最悪を想定したときにも、
私にはこれを乗り越えられる!」と 前向きに考えること。
 
 
制限があるとき、困難があるとき
それを乗り越えようとすることで
眠っている才能が目覚めます!
 
 

困難なさ中に、にっこり微笑んで
敢然と立ち向かう姿
きっと誰かを力づけます。
 
 
さあ、 目をしっかり開いていきましょう!!
 
 
あなたなら できるから(^^)!

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

エンパワメントライフの無料メールセミナー 
『エンパワメントライフ入門講座』

関連記事

  1. 〜緊張している時に「リラックスしよう!」とするのは逆効果?〜

  2. 〜誰もがもつ、「誰かの役に立ちたい」という思い〜 

  3. マナーだけ学ぶのはもったいない本!西村有紀子さんの今すぐあなたに幸運を…

  4. 「幸せから始めよう!」そしてもっとチャレンジしよう!

  5. 「なんだかうまくいかない」と感じる時の3つのパターンとは?

  6. 「結果を作れば自信がつく」という幻想に苦しむ人達

  7. しょぼい選択肢しかないと、人生はしょぼくなる!

  8. 初対面で、応援される人、されない人の明暗を分けるもの