〜ベートーヴェンの第九、こんなに感動したコンサート、これまでなかった〜

健治さん(夫)と、NHK交響楽団によるベートーヴェンの交響曲第9番を聴きに。

スペイン人のパブロ・エラス・カサド氏による渾身の指揮。

演奏者と聞き手の間に、感謝、喜び、不思議な交流を感じる。

「演奏家の人たちも、今年は大変だったろうな」そんなことを思うと、なんか、目頭が熱くなる。

これまで第九を聞いてこんなに感動したことはなかった

ベートーヴェンの偉大さを、こんなに感じたことはなかった。

演奏終了後、聞き手は、演奏者に向けて鳴り止まない拍手を送り、演奏者は聞き手に、心からの拍手を送る。

素晴らしい時間でした。

関連記事

  1. 〜人間関係の質が人生の質 YouTubeライブ配信決定!〜

  2. 動画:「選ばれる人」になるなら知っておくべき「信頼の正体」とは?

  3. 〜「将来、こうしたい!」がこんなに明確になったのは初めてです!〜

  4. 思わず言っちゃった!「ぼ〜っと生きてんじゃねえよ!!!」

  5. ここ一番で実力を発揮したかったら

  6. 〜人との繋がりを作る前に知るべき「所属の仕方」とは?〜

  7. 「ファーストレディとして、いま伝えたいこと」~内閣総理大臣令夫人 安部…

  8. 「何を選択するか?」以上に大事なポイントとは?