私は地雷で左手を両足をうしないました。僕はとてもラッキーです。

帝国ホテルの光の間のステージでそう話し始めたGiles Duley氏。
戦争カメラマンで左手と両足を即席爆発装置(通称:IED)で失った方でした。

そして
「命を粗末にする人がいるのは残念です。
 命があって、僕はとてもラッキーです。」
と話されました。

昨日参加をしたのは、イギリスのヘイロー・トラストとAAR Japan(難民を助ける会)が主催する「地雷ゼロを目指す夕べ」。

Giles Duley氏の明るい笑顔と
静かに話すなかにも
ほとばしる情熱から

彼が本当に「自分がラッキーだ」と思い、
そして、命をかけて、地雷ゼロにむけて
活動をしているのだということが伝わってきました。

自分がラッキーであるかどうかは
環境によって決まるのでなく
自分によって決めることができるのだと

どんな境遇も
人生を諦める理由になりはしないのだと

改めてGiles Duley氏が教えてくれました。

そして、どんな状況もうけいれ
情熱をもっていきいきと生きる姿勢が人に勇気をあたえ、誰かの情熱を引き出すのだと確信をもちました。

あなたは、「運がいい」ですか?
「情熱」の火は灯っていますか?

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

ひぐちまりの無料メールセミナー
『エンパワメントライフ入門講座』

プラスエネルギーにいるヒントがわかる!
読むだけで元気がでると話題に♪

関連記事

  1. テレビみて、笑っちゃった。『結婚のために、あなたの夢をあきらめられます…

  2. 動画:「選ばれる人」になるなら知っておくべき「信頼の正体」とは?

  3. 〜自分の人生を生きるってどういうこと?〜

  4. 〜「だったら、そのままでいいじゃないですか」〜

  5. 〜変化の時代に行動をし続けるために必要なものとは?〜

  6. 〜短期間でステージアップする人の共通点とは?〜

  7. 〜人生を変える「決断」、変えない「決断」〜

  8. 「健治に乾杯!まりに乾杯!あなたにも乾杯!」

最近の記事 おすすめ記事