〜哲学の小径:『うつくしいもの』〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

八木重吉の詩
読むたびに心が浄化されるような
感覚になります。

今日は八木重吉の詩から
美について書かれたものを
ひとつご紹介します。

———————————

『うつくしいもの』

わたしみづからのなかでもいい

わたしの外の せかいでも いい

どこにか「ほんとうに 美しいもの」は ないのか

それが 敵であつても かまわない

及びがたくても よい

ただ 在るといふことが 分りさへすれば

ああ ひさしくも これを追ふにつかれたこころ

——————————–

実は、2023年1月1日より
東京美学倶楽部の上席研究員に
就任
いたしました。

かねてより専務理事を務めている
東京官学支援機構では、
日本の人文知を守り、
日本の未来を守る、という理念のもと、
人文知の研究に関わる公的機関などの
活動を支援してきました。

今後、さらに
活動を推進していくにあたって、
「美学」にフォーカスした
人文知の普及が
必須であるという考えに至り、
東京美学倶楽部が設立されました

「美」を通して
世界を見ていくことを
とても楽しみにしています。

今後もまた
「美学」という視点を通して
投稿することも
あるかと思います。

引き続き、よろしくお願いいたします。

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 〜哲学の小径:「わかる」の限界、「わからない」の可能〜

  2. 〜哲学の小径:「自信がある・なし」に振り回されないには?〜

  3. 〜哲学者トランプで「思考力、創造力、言語化力」を鍛えませんか?〜

  4. 〜なぜ「哲学者トランプ」は思考力を鍛えるのか?〜

  5. 〜撃沈しました(TOT)〜

  6. 〜求められるのはジェネラリストか? スペシャリストか?〜

  7. 〜哲学の小径:「内面探求、過去の棚卸し」で苦しくなっていませんか?〜

  8. 〜哲学の小径:ロッテ佐々木朗希投手から学ぶ強者の思考〜

最近の記事 おすすめ記事