〜「当たり前」をわざわざ「問題」にする必要なし〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

一昨日は、哲学サロンのメンバーの
グループコンサルをしていました。​

哲学的思考を鍛えると、世界の捉え方が変わります

そうすると、自分はまったく何も変えているつもりはなくても
周りの評価が変わることに
戸惑いを覚える人もいます。

予想外の昇格をしたり、3年後の夢が叶っちゃったり

スピードが速まるんですね。​

人の話だと「わあ、すごい、よかったね」と言っていられますが、
本人は、周りの評価についていけず、弱気になったり、
これまでとは違うレベルの責任に躊躇したり、
悩むこと、よくあります。​

新しい挑戦の舞台に立ったら、
不安になったり恐れを感じたりをするのは
ある意味、当たり前
。​

多くの人は、その当たり前に
「うまくいってない」「これじゃダメだ」
という意味をつけて、それを問題にして、
わざわざ自分をディスエンパワメントして
パワーを失いがち。

​だから、せっかくいいところまで行っても
びびって、戻っちゃうのは、本当にもったいない。​

不安を感じることには問題ありません

問題は、不安に巻き込まれることにあります。

​知ってますか?​
不安はどうにかしようとすればするほど
影響力を増します。​

じゃあどうしたらいいの?​

不安であることに抵抗しないことです。

「ああ、不安なんだ」と認め、素直に受け入れることです。

ただそれだけ。

そして自分に聞いてください。

「で、どうする?」

私たちは​
不安を理由に立ち止まるか、
不安を感じながら前進するかを
選択できます

私たちには、そのパワーがあります。​

そしてね、前進すると決めたら、
不安を感じながらも前進する自分を
うんと、うんと褒めてあげてください

どんな時も、自分の最高の応援団長でいてくださいね!

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 〜【ライブ配信】感情に流されない方法〜

  2. 〜「終わらせているのは自分。自分で終わらせない限り終わらない」〜

  3. 〜あなたの器の大きさ、今こそ見せよう!〜

  4. 「変化を愉んで、前に進みます!」って、もの凄くパワフル!!

  5. 〜「●学」に触れたら、ビジネスの質が変わった!〜

  6. 〜93歳の母からのラインにびっくり!〜

  7. 〜生きる力をプラスにするかどうかは何次第?〜

  8. 〜格上に選ばれる、超一流の「聞き方」とは?〜

最近の記事 おすすめ記事