〜自分でかけた制限を外そう!〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

4月14日のライブ配信
「愛してやまない人生を本気で生きるには?」には、
視聴者の方からの洞察の深いコメントもあり、
私自身、多くの気づきを得ることができました。​

思考が不自由だと、人生も不自由です。

色々なものに縛られて
自分で選んでいるつもりでも、選んでいないのです。

​多くの人は、制限は
環境や状況によるものだと考えます。

違います。

制限をかけているのは自分です。

縛っているのは自分です。

そして、何に縛られているのか、
ほとんどの場合、気づけていないのです。

​人間は認知できるものしか扱えません。

だから気づけないと
無自覚に自分を制限し、
その制限に葛藤しながら生きることになります。​

その制限を外せば
もっと自由になるのに、
もっと世界は広がるのに、
もっと可能性は広がるのに。​

あなたはその制限、外したいと思いますか?​

そのためには、
「自分が自分を制限しているのかもしれない」
という可能性に立って、
「制限しているとしたら何なのだろう」と
自分を俯瞰してみること
です。​

ライブ配信の中でも、
「愛してやまない人生を生きることを
 止めているものはなんだろう?」
という問いに取り組みました。

大概の場合、制限は恐れです

視聴者のお一人が
「やってみて変わらなかった時の虚しさ」と答えてくださいました。

これも、傷つくことへの恐れと言えますね。

​これに私はグッときました。

ライブの中でも話しましたが、
まあまあやって、うまくいかないのは
「本気出したらできるんだけどね」とか
ごまかせます。

でも、本気でやって、できなかったら
どんなに傷つくだろう?

どこかでそれを察知して
傷つくことを避けるために、
だったら「やらない方がまし」と考えるのが人間です。​

我々はこれを「がっかり予防線」と呼んでいます。​

先で大きながっかりをするよりは、
今、小さながっかりをしておこう、というような。​

もちろん、意図的にやっているわけではないです。

無意識でやっています、
傷つかないために、自分を守るために。

けなげですね。

こう考えていることに気づかなければ、
ずっとこのパターンを繰り返すしかありません。​

でも、
「ああ、これが 自分を制限しているのか!」
と気がついたら、
それを乗り越えるか、そこに留まるかを
選ぶことができます
。​

どちらがいいか悪いか、ではないです。​

大事なのは、自分の人生なんですから、
自分で選択すること、そして、
その選択に責任を取ることです。​

愛してやまない人生を本気で生きたら
傷つくこともあるかもしれない。

だからといって「傷ついてはいけない」となると、
それが次の制限になります。​

傷ついてもいい
傷つかなくてもいい
どっちでも大丈夫、そう思えたら、
軽やかに選択できるかもしれません
。​

あなたは自分の可能性に
制限をかけていませんか?

自分でかけた制限なら、
かけていることに気づけば
自分で外すことができます
。​

ライブ配信を見逃した方は下記よりご視聴いただけます。
 ↓↓↓ 
ーーーライブ配信アーカイブーーーー
 テーマ:愛してやまない人生を本気で生きるには?
▶︎アーカイブはこちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

あなたが愛してやまない人生を本気で生きる
ヒントになれば嬉しいです。

愛してやまない人生を生きることで、
あなたからたくさんの愛が
大切な人に伝わるといいですね!

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 〜あなたの可能性を一番阻害する人は誰ですか?〜

  2. 〜講師がわざわざ、私に挨拶に来た理由とは?〜

  3. 〜自分で自分の価値を下げていませんか?〜

  4. 〜「富の方程式 W = V x L 」の活かし方〜

  5. 〜攻めの黒はいいけど、守りの黒はダメ〜

  6. 〜「この人と離婚したら幸せになれる!」と思っていたのに〜

  7. 〜自己紹介を変えたら、ご紹介が増えました!〜

  8. 〜動画:こだわりがあるから「動けない人」と「動ける人」の違いは?〜

最近の記事 おすすめ記事