〜94歳の母の近況報告にびっくり仰天(`O`)〜

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

先日久しぶりに大阪の実家に帰り
94歳の母に会いました。

2週間前まで母は姪っ子と一緒に住んでいたのですが、
姪っ子の結婚が決まり、
お相手の方との生活を始めることになり、
家を出たので母は今一人暮らしです。

朝起きて、どこにも出かけなくても
お化粧し、部屋を整え、
自分で料理も、掃除もしています。

我が母ながら、すごいと思います。

でも、さすがに一人で
人混みや、遠くには出かけられないから
「どこか行きたい所あったら
 一緒に行くけど、ある?」と聞いたら
なんと、
「鬼滅の刃を見たい」と言われて
びっくり仰天。

二人で、見てきました。

これも結構驚いたのですが
びっくり仰天は、
これで終わらなかったんです。

母は、敬虔なクリスチャンで
ついこの間まで、
教会の世話役を務めていました。

さすがに94歳になって、
世話役はもうやっていません。

が、教会では、信者の方が講話をする
信徒奨励というのがあって
それを頼まれて、ついこの間、
30分話したというのです。

母の講話のテーマ、
なんだったと思います?

下記、母と私の会話

私「何について話したの?」

母「『ドストエフスキー 
   その信仰と愛の軌道』
  というタイトルよ。

  話す前の3日はほとんど徹夜で
  カラマーゾフの兄弟を読み直したの。
  おかげで好評だったわ」

私「すごいね。
  何人くらい聞いてたの?」

母「教会の外にも、案内が出てたので
  教会の人と、一般の人もいて、
  80名くらいかしら。

  そのあと、すっかり疲れちゃったけど
  楽しかったわ」

どう思います?

94歳で80名の前で講話、
タイトルは
『ドストエフスキー 
 その信仰と愛の軌道』ですって。

そして、母が最後に言った言葉が
洒落てました。

やればできる! って本当ね

母にたくさんのエネルギーをもらって
東京に帰ってきました。

やればできる!
94歳の私の母からの伝言です。

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 相手との距離がグット近づく一言、「聞いてくれてありがとう」

  2. 〜「ゴール設定に逃げ腰になっていました」〜

  3. 〜婚活のカリスマ丸山先生からの「幸せな結婚生活」へのアドヴァイス!〜

  4. ~人見知りでも大丈夫! パーティで出逢いを楽しむ会話のきっかけ作り5つ…

  5. 〜その違和感が宝物だよ!〜

  6. 〜『知る」ことで世界が広がる人、世界が閉じる人〜

  7. 役割は与えられるだけでなく、自ら与えることもできる!

  8. 〜100年企業を目指す二代目社長と対談しました!〜