〜自分らしく生きるためには?〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

やりたいことはなんでもできる時代です。

ところが、やりたいことやっている人って
どのくらいいるでしょうか?​

あなたはいかがですか?​

そもそも「自分がやりたいことが何なのか?」
がわからなくて迷子になっている、
そんな人が圧倒的に多い
ように感じます。​

でもそれはある意味、仕方がないことです。

これまでの大きな組織の時代、
求められたのは
「言われたことを、文句も言わず、
 和を乱さず、粛々と行う人」でしたから。

評価されたのは、こういう人たちです。​

「何がやりたいか?」なんて
考える必要はありませんでした。

​一昔前は社会に勢いがあり、
みんなが共有できる目的や生きる意味が
社会の中にありました。

敷かれたレールの上を走るのが
もっとも安全で、確実で、安心な生き方でした。​

でもね、時代が変われば
成功の方程式は変わります。

多様性の時代には、もう
誰にも共通の目的や意味は存在しません

自分でそれを創ることが必要になりました。​

でも、多くの人はそういう思考をしてきてないんです。

そういう思考に慣れてないんです。

じゃあ、どうしたらいいのか?​

新しい視点を持つことです。

そのヒントになればと
哲学者トランプ第2弾は
「力づけ、勇気づけ、新たな視点」をテーマに
「人生の哲学編」にしました

​「人生の哲学編」に登場する4名の哲学者のひとり、ハイデガーは、
人間本来の目的を見失い、没個性化した一般的な人を
「ダスマン」と呼びました。

そしてその「ダスマン」を脱するには
どうしたらいいのか? を説いています。

視点をちょっと変えると、
これまで気づかなかったことに気づけます

自分をがんじがらめに縛っている鎖が緩みます。

そうするとこれまで見えなかった可能が見えてきます。

​「人生の哲学編」でご紹介している
「生きる道を自分で切り開く、真実の自己のあり方、生き方」
に取り組んだ偉大な哲学者達が語る言葉が
あなたの自分らしい生き方のヒントに、
より充実した人生のヒントになればと願っています。

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 正しい答えを求めすぎて、動けなくなることが一番のリスクかも…

  2. 〜好きな事しかやらない人って〜

  3. 〜哲学の小径:まず第一に理解すべきこととは?〜

  4. 〜今年を最高の一年にするために〜

  5. 初対面で、応援される人、されない人の明暗を分けるもの

  6. 〜動画:自分の枠を突き抜け、人生を加速したい人へ〜

  7. 〜オンライン化は妥協ではなく、革新です!!〜

  8. 〜動画:チャンスを掴むか潰すかを決める「○の定義」とは?〜