創作者として生きる!「私が恐れを超えて行動できた理由

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

4月、5月と、セミナーの開催のいくつか延期しています。

延期したエンパワメントライフミラクルコースの参加者のための、
フォローアップセッションをオンラインで行いました。

参加者の1人、菜穂子さんから
コロナでお仕事がリモートワークになり
 
家での自由時間が増えたので
前から学んでいたセラピーのセッションを
ZOOMで開催されたと報告をいただき、

もう、腰を抜かすほど、びっくりしました。

だって、菜穂子さんは
どちらかというと
あまり自己主張をするタイプではなく
縁の下の力持ち的存在の方。

また、指示された事を着実にやるのが得意な方でチャレンジは苦手な方。

エンパワメントライフミラクルコースに
参加した目的は
やりたいことがわからない、やりたい事を見つけたい」でした。

その菜穂子さんが
初めてZOOMを使って
自分で段取りして
自分でクライアントを見つけて
初めてのセッションをやった!!


すごいと思いませんか?

そして、菜穂子さんはこう言いました。

自分の為だったら
 できなかったです。

 
 このコロナの時期に
 何か、誰かのため
 私にできることはないだろうか?
 
 そう考えたら、
 気がついから、やっていた、 
 そんな感じです。
 
 恐れはありました。
 いつも恐れが私を止めていました。
  
 でも、エンパワメントで
 自分を力づけることが
 できるようになって
 恐れは私を止めなくなりました。
 
 最初は、やりたいからというよりは
 誰かのためになる事で
 今、できることをやろう
 動き始めたんですが
 
 やっているうちに
 自分のやりたいことが見えてきました!

と満面の笑みで話してくださいました。

この菜穂子さんの言葉の中に
ひぐちまりがお伝えしたいことがギュッと詰まっています。

恐れを感じず、
自分の居心地の良いところで
できそうなことをやっていても
やりたいことなんて見えてきません。

才能なんて目覚めません。

かといって
自分を犠牲にして、人のためにと人を優先するのも違うと思います。

人には、未来を創作する力があります。
恐れを乗り越える力があります。

まだ発揮されていない可能性があります。

そして、自分が輝くことで、誰かを幸せにすることができます。

エンパワメントライフが
コミットしているのは
次世代のロールモデルの育成です。

ロールモデルとは
 
「それぞれの分野で
 周りの人に、
 夢と希望と勇気を与える人」と
 
定義をしています。

今回の菜穂子さんのチャレンジは
きっと周りの誰かに
夢と希望と勇気を与えたと思うのです。

人が力づけられるのは
誰かの勇気、
誰かのチャレンジ、だと思うのです。

いつもいつも、
私が皆さんを力付けようと思い
セミナーを開催するのですが
 
今回も、また、コロナという状況でも
笑顔でチャレンジを続ける皆様
エンパワメントされました。

知ってますか?

あなたには、
未来を創作する力があることを。
恐れを乗り越える力があることを。

まだ発揮されていない
可能性があることを。

その力、発揮していますか?

●自分を力づけ、最高の自分を発揮したい方へ

エンパワメントライフの無料メールセミナー 
『エンパワメントライフ入門講座』

関連記事

  1. 自分を否定する強さ、持ってますか?

  2. 知ってしまったからには、やるしかない

  3. 〜攻めの黒はいいけど、守りの黒はダメ〜

  4. 〜多くの人のやる気をくじく意外なものとは?〜

  5. 〜不完全な自分のまま、行こう!〜

  6. 危機の時こそ、目を開け!!

  7. 「お金持ちとの人脈はどうやって創るのか?」

  8. チームづくりで、成功する人、失敗する人