〜心には太陽を、くちびるには歌を!〜

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

コロナ禍で始めたことの一つに詩を読むことがあります。

今日はこれまで読んだ中でも、勇気の湧く大好きな詩をご紹介します。

ドイツの詩人である、ツェーザル・フライシュレンの作品です。

翻訳は俳優(演劇集団円)であり朗読家の鈴木佳由さんです。

————————

心には太陽がある


心には太陽がある。
吹雪の時も、嵐の時も。
空が雲に覆われ、世界中が戦場になったとしても、
心には太陽がある。
ほら、次に何が起きようともこわくない。
どんなに真っ暗な日も、
光で満たすことができる。

くちびるには歌がある。
しあわせの歌がある。
日々の重圧に埋もれてしまいそうになっても、
くちびるには歌がある。
ほら、次に何が起きようともこわくない。
どんなに孤独な日も、
のりこえることができる。

言葉がある。
友のための言葉がある。
悩みを抱える友のため、しあわせに のびのびと
朗らかになる言葉がある。

「くちびるには歌がある。
 あきらめる必要なんてどこにもない。
 心には太陽がある」

ほら、すべてが よくなる!

————————

緊急事態宣言が発令されました。

こんな時こそ、一人一人の心がけが大切になります。

何が起きようが、心に太陽があることを忘れないでね。

その光で、周りを照らしていきましょう!

ほら、すべてが よくなる!

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 『たとえ弱気になったって、このことを知っていれば、立て直せます!』

  2. 〜誰もがもつ、「誰かの役に立ちたい」という思い〜 

  3. 〜「知らない」を強みに変える方法〜

  4. 〜動き続けよう!〜

  5. 『チャンスをつかむ男の服の習慣』 男性はもちろん、夫を応援したい奥様必…

  6. 2016年を飛躍の1年にしたいなら、これだけは、欠かせない!

  7. 〜死んだように生きていくのは、もう嫌なんです〜

  8. 〜婚活業界のカリスマ 仲人マダム丸山和子さんにインタビュー!〜