〜人との繋がりを作る前に知るべき「所属の仕方」とは?〜

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

インタビューをするのが昔から大好きです。

その人の素晴らしさを他の人に伝えるだけでなく
その人さえまだ気づかなかった宝物を掘り当てることが大好きです。

現在は、自社で運営しているエンパワメントチャンネル以外に
才能を活かしてフローに乗る人をインタビューし、その秘訣を聞く
WDインタビューズのインタビューアーをしています。

先日WDインタビューズにゲストでお迎えしたのは、
リーダーシップコーチでありWD認定シニアトレーナーの岩下知史さん。

その時に話題となった「コミュニティとその関わり方の重要性」が
とっても面白かったので、共有します。

組織の時代から個人の時代へ、そして、コミュニティの時代に
移り変わっています。

どこかの会社に所属すれば、イコールそれが所属するコミュニティ
という時代がありました。

でも、今は、上場会社までもが兼業、副業を認める時代です。

ということは、所属するコミュニティを自分で選ぶことができる時代です。

なんて、自由なんでしょう!!

そして、自由には、必ず責任が伴います。

まさしく、自分の人生を誰か任せにすることは
もうできないとも言えます。

運もチャンスも成功も、天から降ってくるわけでなく
人と人との間に起きることですから
誰と繋がるかに、人生は大きな影響を受けます。

特に、格上の人から引き揚げてもらえると、人生は加速します。

そして、コミュニティに所属し、良質な人間関係を作るために大事なことは
「人との繋がり方以前に、所属の仕方」と岩下知史さんは話されます。

そう、所属の仕方を間違えたら、人と繋がることはできないのです。

「所属の仕方」とは「どういう人として認知されるのか?」とも言えます。

自分の目線からだけしか見えず、自分だけが良ければいいとばかりに
目先の損を嫌い、目先の利を求める人は
結局、大きな富に行き着くことはできません。

大事なのは、一つ上の視点、メタ視点から物事を俯瞰すること

例えば、
運営側は何を求めているのだろう?
このコミュニティの価値を上げるために何ができるだろう?
そんな視点を持ち、自ら思考し、創造する力がある人は
手放せない人、思い出してもらえる人になります。

物事を俯瞰して
物事を点でなく、全体として捉える意識をしてみてください。

見える世界が変わり、選択肢が変わり
人生が変わります!

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 10月7日まで超早割!才能の活かし方がわかるイベント

  2. 相手との距離がグット近づく一言、「聞いてくれてありがとう」

  3. 〜「恐れ」はあなたを止めない。じゃあ止めるのものは?〜

  4. 93歳の母に、負けてはいられない!!

  5. 〜変化の時代に行動をし続けるために必要なものとは?〜

  6. 自分の役割、自分で任命してますか?

  7. 〜こんな人には、何のアドヴァイスもできません〜

  8. お母さんがエンパワーメントをみにつけると、子供がかわる!