〜言葉が先か、現象が先か?〜

現代哲学をベースに「あり方」に取り組む
エンパワメントプログラム開催中。

哲学を実存の世界から
大きく言語、構造の世界に舵を切るきっかけとなった
ソシュールの「言葉は世界に先立つ」という世界観

多くの人は、環境や状況、出来事が自分の人生に影響し、
決定づけると思っています。

でもそうだとしたら
どんな夢を語ろうが、どんな目標を立てようが
その達成は環境次第です。

本日のプログラムではその構造を解体
「言葉は世界に先立つ」という世界観から
新しい可能性を構築していきます。

世界の見え方が根こそぎ変わる瞬間
参加者の表情がどんどん変化しているのが爽快です。

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 知ってしまったからには、やるしかない

  2. 〜「力出し切ったらあかん病」にかかっていませんか?〜

  3. 「なんだかうまくいかない」と感じる時の3つのパターンとは?

  4. 〜指示待ちだったスタッフががリーダーシップを取りだした!〜

  5. 〜たった1ヶ月で夫との喧嘩が激減! 更に同僚も変わった!〜

  6. 「人生の主役として生きる」ことを止めているものとは?」

  7. 〜動画「未来に不安を持つのか? 希望を持つのか?」

  8. 〜GWを最高にするために〜

最近の記事 おすすめ記事