盲目のシンガーソングライーター大嶋潤子さんはいいます、「32歳で光を失なったから、私は幸せになりました…」と

~盲目のシンガーソングライーター大嶋潤子さんはいいます、「32歳で光を失なったから、私は幸せになりました…」と。

 

こんにちは
エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

 

エンパワメントライフ

自分も人も力づけ、
本来持っている可能性や力を発揮し、
最高の自分を発揮し輝くことで
周りも輝きだす人生」

 

をコンセプトに
セミナーやイベントプロデュースなどを行っています。

 

 

 

 

あなたがもし、32歳で
突然光の無い世界を生きることになったら
 「32歳で光を失なったから、私は幸せになりました…」

と言えるでしょうか?

 

 

 

誰もうらまず
人生を嘆かず
悲劇のヒロインにならないどころか

 

 

心から人生を愉しんで
女神のような微笑みをたたえ
そう言うことができるでしょうか?

 

IMG_3645
 

「32歳で光を失なったから、私は幸せになりました…」
 

これは
盲目のシンガーソングライーター
大嶋潤子さんの言葉です。

 

 

色々な不便があるだろうに
苦労も多いだろうに
なんだかそれすらも
愉しんでしまうような

 

苦労や不便に微塵も人生を
振り回されることなく、
本当に楽しそうに
笑う大嶋さんに
 

いつもいつも
元気と
勇気とを頂きます。

 

 

 

大嶋潤子さんは
32歳のある日
突然光を失い
途方にくれるも

 

うまれたお子様に
「不屈の精神」をみせてやろうと
絶望の底からたちあがり、

 

その後歌と出逢い
カンツオーネの大会で
2年連続上位入賞。

 

その後はポップスに転向し
オリジナル曲でCDを全国発売。

 

 

 

 

先日は
大嶋潤子さんの
新しい挑戦
「ドキュメンタリーコンサート」

にいってきました。

 

IMG_3658

 

その歌声に
会場中が涙したのは

 

大嶋さんの
生き様、「不屈の精神」が
伝わったからなのでしょう。
「どんなピンチだって
チャンスにする。
その力があなたにはあるのよ。

 

幸せはほら、そこにあるじゃない」

 

 

 

と語りかけられているようでした。
大嶋さんが作詞作曲された
「今わたしは帰る」のさびの歌詞

 

「まっすぐに行きなさい
迷わずに行きなさい
振り向かずに行きなさい」

 

が今も心に響きます。
背中をおされたように感じました…。

 

「未来へ向かって、
信じた道をすすめ!」と。

 

 

●無料メール講座
『自分を力づけ、最高の自分を発揮しよう!
輝く人生のためのエンパワメントライフ入門講座』

 

登録くださった方には、優先的にイベント情報などが届きます!

 

登録はこちら↓↓↓
http://empowerment-life.com/?page_id=50

 

 

 

★現在募集中のエンパワメントな講座♪
・残席1席 9月25日 ダントツの結果が出ると話題の、
「カリスマ講師入門セミナー」開催!
http://empowerment-life.com/?p=3242

 

・9月26日&27日
80ページ以上のパワポテンプレート付き!21世紀型の最新プレゼン法
2 daysエンタメプレゼンマスタ-講座
http://empowerment-life.com/?p=2819

 

・10月18日(日)
結果を出しても自信が持てない。つい自己否定していた私が、
自信を持ち毎日を楽しんでいる!。
たった3時間で、人生が劇的に変わる
エンパワメントライフ入門講座開催!
http://empowerment-life.com/?p=3244
電子書籍『結婚式お呼ばれマニュアル ~ゲストのためマナー・服装入門 』発売中
新郎新婦が喜ぶ招待状の返信の仕方はもちろん
エスコートやスマホ利用の注意点まで、

マナーの最新情報が網羅されています。

 

結婚式お呼ばれマニュアル

 

恥をかかないためでなく
「さすがっ」といわれる人になりたい方の為のに書きました(^^)
詳細はこちらから↓↓↓
http://www.amazon.co.jp/dp/B00N3PNQOQ

 

 

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

 

今回の記事はいかがでしたか?
読んでよかった!と思ったら、ぜひ「いいね!」をしてくださいね♪

関連記事

  1. マナーだけ学ぶのはもったいない本!西村有紀子さんの今すぐあなたに幸運を…

  2. 家族と楽し時間を過ごしたいのに、つい口喧嘩になる…という方へ

  3. 志に目覚めれば『頑張る』ことは必要ない。どんなハンディも凌駕し、人を次…

  4. 32歳のある朝、目が覚めたら、光の無い世界が広がっていた…

  5. 〜ネガティ部長がたった2年で、プロフェッショナルチームへ大抜擢!〜

  6. 32歳で突然失明。それでも「喜びの中でいきる」ことは可能なのか?

  7. モナコ滞在記1 伯爵婦人の称号を授与された畑中由利江さんへお祝いを伝え…

  8. 『イネスと仕事をすることになったきっかけですか?黄色いジャケットです』…