〜「だったら、そのままでいいじゃないですか」〜

エンパワメントプロデューサー
ひぐちまりです。

エステサロンを経営して3年目
5名のスタッフと一緒に運営をされている
経営者のコンサルをしたときのことです。

彼女は大学を卒業して、大手エステ会社に就職、
そこで断トツのトップセールスを3年続け、遂に独立。

独立したときは、時間も自由になるし、
収入も3倍になって超ハッピー。

お客様は順調に増え、
2年目からはスタッフを増やしていきました。

そして3年目を迎え、彼女はこう言ったのです。

「スタッフが指示待ちで、何もしないんです。
 結局私が毎日、現場に行くようになりました。
 こんなことなら1人でやってた方がよっぽどよかった。

 今、私はあの子たちを食べさせるために
 働いているようなものです。

 彼女たちだって、言われてやる仕事は
 楽しくないでしょうし、お客様を幸せにはできない。

 もっと、みんなが自主的に関わる組織にしたいんです」

色々と話し、対策を検討した後、
彼女はポツリとこう言いました。

「でも、これやったら、
 私が私じゃなくなります


私はこう答えました。

だったら、
 そのままでいいじゃないですか。

 自分じゃなくなるのが嫌なら
 そのままでいいじゃないですか。

 経営は黒字なんだし
 業界で認められ、成功もされているし。

 ステージを変えるとは
 別の言い方をしたら
 今の自分じゃない自分になることです。

 変わりたい、変わりたいと言いながら
 多くの人は変わらない

 なぜなら、自分は変わらないけど
 結果だけを変えようとするから
です。

 あなたの今の世界の捉え方が
 今の成功まであなたを連れてきてくれました。

 同時に、その世界の捉え方は
 ここから先への足かせとなります

 今の自分のままではその先にはいけないと思った、
  だから、私のところにいらしたんですよね?

 自分のままでいたいなら、
 今のやり方を変えたくないなら
 そのままでいいじゃないですか。

 新しいステージに踏み出す
 その不安定さから逃げて
 今の安定した状態でいたいなら
 そのままでいいじゃないですか」

そして立ち上がり帰ろうとする私、
それを止める彼女。

そこからが、コンサルの本番でした。

そして彼女は3ヶ月後、
指示待ちだったスタッフを
自ら動くスタッフに育て上げました。

自分を俯瞰できない人は
自分の感情と自分を
自己同一化してしまいます。

そういう人は、自分を否定することも、
自分を突き放すこともできません。

そういう人とは、新しいものは作れません。

人は、否定(矛盾、痛み)を
 乗り越えることによってのみ、成長する


近代哲学の総括者
哲学者ヘーゲルの言葉です。

多くの人が自己同一化し、
手放せないものの一つに
「これまでの成功の方程式」
があります。

今までうまくいった方法を
手放すことは確かに怖いでしょう。

これまでの安定を自ら壊すことができず、
結果、そこそこの成功に甘んじて
守りに入り、行き詰まる

そんな人をたくさん見てきました。

自ら、自分の未来の可能性を
閉ざしてしまうことを
本当にもったいないと思います。

あなたが望むのは現状維持ですか?

それとも

ステージを上げることですか?

もし、ステージを上げたいなら
そのために何をしますか?

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 気分が落ち込む時間がダントツに短くなった

  2. 役割は与えられるだけでなく、自ら与えることもできる!

  3. 〜動画:これを知らないから才能を引き出し輝くことができない〜

  4. ここ一番で実力を発揮したかったら

  5. 〜やりたい事がわからない」人が今すぐやるべきこと!〜

  6. 自分の人生に好きを増やす!

  7. 姿勢で心のギアチェンジ!

  8. 〜一発屋で終わるか?成功の連鎖を起こすか?〜