〜アーティストとして評価される人がやっていることは?〜

エンパワメントフィロソファー
ひぐちまりです。

先日、新進気鋭の現代アーティスト10名の作品を、
アーティストの解説付きで見るという
贅沢な機会がありました。

​企画してくださったのは、
エンパワメントチャンネルにも登場してくださった
株式会社Between the artsの大城さん。

ご自身もアートコレクターであり、
若いアーティスト達に表現の場を提供したり、
さまざまな支援をされています。​

大城さん曰く、
「若手アーティストが認められる第一歩は、
 オークションで落札される」こと
なのだそうです。

オークションで落札されることで
市場で認知され、価格も上がっていくのだとか。

たくさんの若手アーティストを見てこられている大城さんに、
オークションで落札されるアーティストと
されないアーティストの違いを聞いてみました。

​なんだと思います?​

ひとつは発信力。

今の時代、発信力があるかどうか、
プロモーションを自分でできるかどうかは
とても重要
だそうです。

人任せでなく、アーティスト自身がそれができる、
ファンを作れる人が
求められる時代なんですね。

そしてそれ以上に大事なこと、それは……​
大城さん曰く
「やめないこと」
。​

どう思いますか?

あんまりにも当たり前すぎて
「なんだそんなことか」と思うかもしれません。

でもね、当たり前だけど本当にそうだな、
アートの世界だけでなく
どの世界でもそうだな、って
私はいたく納得しました。​

今の時代、ノウハウやハウツーものが流行って、
いろんなお手軽なやり方が溢れているけど、
本質は誰もが知ってるような
当たり前のことなのかもしれません。​

みんな知ってるけどやる人は、少ない

だからこそ、
その当たり前をやり続けることが結局、
成功に繋がる
んだな、って。​

なんか、今日はふつーの内容ですが、
でも、やっぱり大事なことだと思います。​

時代を読む力とやり続ける力、
両方あると強いと思いませんか?

●どんな時も、最高の自分を発揮する為に必要な「セルフエンパワメント力」の鍛え方を公開

関連記事

  1. 〜あなたの可能性を後押ししてくれる友人は誰ですか?〜

  2. 〜あれ、ストレス、どこ行っちゃったんだろう?〜

  3. 〜「まりさんは、信頼できるから大丈夫」その理由とは?〜

  4. 〜自分を犠牲にして周りを幸せにする時代は終わった〜

  5. 【初登場!】3の日担当、ニューフェースのえみです

  6. 〜「いえ、結構です」って本当は言いたい。でも言わない〜

  7. 〜行動するって、頑張らなくてもできるんですね〜

  8. 〜12年前に、モナコでした「自分との約束」〜

最近の記事 おすすめ記事